ライフ

ブログ毎日書けない… けどこれなら毎日できる1日5分 感謝日記のススメ

こんにちは だいすけです。

当ブログに訪問して頂きありがとうございます。

新しいことを始めたはいいもの

3日坊主でなかなか続かない・・・

そんな人も多いのでは

僕もブログを始めたのになかなか更新頻度が少ないのが現状です。

そもそも今までにして来なかった事をする訳だから続かないのは当たり前かもしれません。

まずはアウトプットするのを習慣にしようと調べてみると

通称「感謝の日記」「ありがとう日記」

というものを発見

日記など付けた事なかったんですがやってみる事に。

2019年の1月1日から始め今のところほぼ毎日続いています。

 

この記事ではそんな「感謝の日記」「ありがとう日記」の取り組み方、効果を紹介していきます。

用意するもの

 

用意するものは、ノートとペン。たったこれだけ

カレンダーに書き込めるスケジュール帳タイプが使いやすいと思います。

僕が使っているのはこんな感じのもの

(書くスペースが狭いのでほぼ箇条書きでしか書けないのも続きやすいポイント)

自分の気に入った色、デザインの物を選ぼう!

 

まずは習慣に

まずは寝る前に一日の振り返りをすることから習慣に

ノートとペンを枕元に置いておけばすぐに書く事ができます。

めんどくさがりな人はノートを開いた状態で枕元に

行動までにかかる時間を数秒でも減らすことでより習慣化しやすくなります。

 

書き方

 

書き方は超簡単

その日にあったちょっといい事、ありがとうと思った事を箇条書きで書くだけ。

慣れてきたらつなげて文章にしてみても

書く内容はこんな事でOK

ご飯を美味しく食べることができた

天気が良く気持ちよかった

自転車で気持ちよく走れた

コンビニでいつもありがとうございます。と声をかけられた

子供たちの笑顔が可愛かった

など一日を細かく振り返ってみると意外と良いこと、感謝できることってあるんです。

自分のルールで最後は今日も一日ありがとうで書き終わるようにしています。

感謝の日記の効果

日記の効果として

カリフォルニア大学デイビス校で感謝の気持ちが生活にもたらす影響を研究しているロバート・エモンズ博士は次のように

感謝の気持ちを感じた事項について書く”感謝日記”を続けることです。週に4回、少なくとも3週間にわたって日記を書くだけで、多くの人の幸福度が上がります

感謝の気持ちって人を幸せにする効果もあることが

 

手書きじゃないとダメ?

最近ではスマートフォンのアプリでも感謝日記があるみたいです。

ではなぜ手書きか

一つはRAS(脳幹網様体賦活系)と呼ばれるものが刺激されるからです

RASとは脳内の検索エンジン、注意のフィルターとも呼ばれています。

書くだけで自然と脳が感謝できる事を探してくれ結果的に日記が続きやすい。

もう一つ個人の感想として、ぱっと一目で振り返りがしやすく、続けられているのが実感できる事。

小さなことでも毎日継続出来ているのは自分の自信に繋がります

終わりに

今回は感謝の日記を紹介しました。

今までなかなか続かなかった僕でも毎日続けられていることに自分でも本当にびっくりしています。

3日坊主でなかなか新しいことが続かないというあなた

まずは日記から試してみてはいかがでしょうか

最後まで読んで頂きありがとうございました。